トヨタ自動車は26日、電波の反射で障害物を検知し、自動ブレーキをかける「前方障害物衝突軽減装置」に
不具合があり、突然作動する恐れがあるとして、「クラウン」「レクサスIS300h」など計4車種で計約2万台
(2012年12月~13年6月製造)のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。納車前のものも含まれるという。

国交省によると、東京都葛飾区の首都高速中央環状線で5月、走行中に急ブレーキがかかり、後ろから追突される事故が発生した。

http://news.livedoor.com/article/detail/7802653/ 

http://anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1372248472/