先読みニュース

最新ニュース(ジャンルなし)に独自の予想を書き込んでいきたいと思います。

    円安

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    円安 ワイン出荷価格が値上げへ
    6月6日 4時14分

    ワイン大手の「メルシャン」は、円安などの影響で輸入する製品や原料が値上がりしているため、
    ことし9月からおよそ800品目のワインの出荷価格を値上げすることになりました。

    発表によりますと、キリングループのワイン大手・メルシャンは、
    輸入販売しているワインと、海外のブドウ果汁を使って国内で生産しているワインのうち、
    合わせておよそ800品目について小売業者などへの出荷価格をことし9月2日から3%~8%、引き上げることを決めました。

    メルシャンの出荷価格の引き上げは、およそ4年ぶりとなります。
    値上げの理由については、原料となるブドウの産地のフランスやスペインで去年、悪天候の影響で収穫量が減ったことに加え、
    円安によって製品や原料の輸入価格が上昇しているためだとしています。
    ワイン業界では、「サントリーワインインターナショナル」も値上げを行う見通しのほか、
    「アサヒビール」と「サッポロビール」もワインの値上げを検討しています。
    食品の分野では、円安などの影響で原料価格が上昇しているとして、
    食用油や小麦粉、それにマヨネーズなどで値上げの動きが相次いでいます。
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130606/t10015105881000.html

    【調査】 NHK解体、8割以上が求める 9割以上が「NHKの今の体制に問題あり」と回答…政治経済系SNSサイト大手★5
    http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1370488434/
    【政治】橋下氏、NHKから謝罪受け和解していた 5年前の”遅刻”問題で
    http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1370475290/
    【政治】橋下氏、5年ぶりNHK出演へ…人気回復狙う?
    http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1370422445/
    【マスコミ】 NHK国際放送「アジア代表目指す」 諮問委が答申
    http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1370315076/
    【NHK】 円安でデジタル家電値上げも 「円高対策で海外に生産を移し、利益を上げてきた会社は、円安になると輸入のコストが加わる」★2
    http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1370267752/
    【NHK】 "歌手の李翔雲さんが自作の歌を披露" 「はだしのゲン」の魅力語る…広島
    http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1370190284/

    http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1370491914/

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    韓国メディア 円安に苦しめられる韓国経済

    円安がかつて無いスピードで加速している。これまでに起きた2度の円安では、
    世界経済が好況であったため、韓国経済への影響は小さかったが、今回は世界経済の低迷と重なったため、
    韓国経済はますます危機からの脱出が難しくなっている。朝鮮日報の15日の報道を引用し、環球網が伝えた。

    14日、対円ウォン相場が100円=1098ウォンとなり、ウォン高・円安の流れが始まった昨年10月1日と比べ、
    円が24%下落した。この下落幅は、日本のバブル崩壊に伴う第1次円安(1988年6月からの半年で9%下落)、
    日本の長引く不況に伴う第2次円安(2004年11月からの半年で11.7%下落)と比べて2倍以上となっている。

    今回の第3次円安は、これまでの2度の円安とは比べ物にならない。
    韓国経済が世界的な不景気と円安を同時に体験するのは今回が初めてだ。しかもこれまでとは異なり、
    今は韓国が日本と競合する製品(自動車、鉄鋼、半導体など)が増えている。

    事実、日本企業は円安をきっかけに製品を相次いで値下げし、海外市場を奪取しようとしている。

    韓国の未来アセット証券によると、日本企業の輸出製品のドル建て単価は、
    円安により昨年11月から今年3月末までに平均5%低下した。一方、韓国の輸出製品の単価は0.5%低下で、日本の10分の1に留まった。

    韓国ウリ金融経営研究所は、1ドル=1100ウォン、1ドル=100円の水準がそれぞれ維持されれば、
    韓国製造業の営業利益が今後1年間で9兆ウォン減少すると予想する。

    韓国IM投資証券のイ・ジョンウ・リサーチセンター長は「同じ市場で競争する韓国と日本は
    今、崖っぷちの戦いに追い込まれている。円高の期間、日本企業が身を削る努力で競争力強化に取り組んだように、
    韓国企業も為替だけに依存せず、長期的な目線で競争力を高めていかなければならない」と指摘した。
    http://j.people.com.cn/94476/8248965.html
    前スレ(★1: 2013/05/17(金) 19:21:04.68)
    http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1368786064/

    http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1368861502/

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    「もしかして」と思ったが「やはり」だった。先進7カ国(G7)が日本の円安攻勢を事実上認めた。
    G7の中央銀行総裁と財務長官は11日、ロンドン郊外で開かれた会議で日本の円安攻勢を批判しなかった。

    1日前には米国のルー財務長官が日本の安倍晋三首相の円安攻勢を叱咤していた。

    その日ルー財務長官は、「日本の成長問題は理解するが、国際規範の枠組みを超えて通貨価値を人為的に下げようとする試みは
    自制されなければならない」と話した。批判を超え警告と言える発言だった。それだけのことはあった。円安でドルがこのところ急に上昇していた。

    しかしルー財務長官もグローバルコンセンサスを破れなかった。最近主要国は「世界3位の日本経済を生かすことが世界経済にも良い」
    という認識を共有している。結局G7中央銀行総裁と財務長官は先月のG20声明を焼き直した。「人為的に通貨価値を低くしてはならない」
    というものだった。安倍首相の円安攻勢を批判したり警告するところまで行くことはできなかった。

    日本の円安外交の勝利だ。日本銀行の黒田東彦総裁は、「15年続くデフレ(長期物価下落)を
    ほぼ解決するわれわれの政策目標を達成するのに量的緩和が寄与している」と話した。円安攻勢は近隣窮乏化政策ではないという主張だ。

    米金融専門紙のアルファは12日、外国為替市場専門家の言葉として「G7中央銀行総裁・財務長官会議で円安が再び認められた。
    “ジム・オニールの神託”がさらには早くなされる可能性が大きくなった」と伝えた。

    ゴールドマンサックス資産運用会長のオニール氏は、「来年半ばまでに1ドル=120円まで円安が進むだろう」と話した。

    今月5日に引退を控え最後に行われたCNBCとのインタビューでだ。彼は1990年代最高の外国為替専門家であり、
    ブラジル、ロシア、インド、中国を意味する「BRICs」という単語を初めて作った人物だ。

    ロイター通信は、「オニール氏が今年末の引退を控え最後の予言として円が120円まで下がるという神託を出した」と評した。
    http://japanese.joins.com/article/517/171517.html?servcode=300&sectcode=310

    http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1368413194/

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    10日午前の東京株式市場で日経平均株価は一段高となり、前日比430円程度高い1万4600円台前半まで上昇した。
    上昇率は3%を超え、取引時間中としては2008年1月7日以来、約5年4カ月ぶりの高値をつけた。

    東京外国為替市場で1ドル=101円台前半と円安・ドル高が一段と進み、
    輸出関連株の業績改善をにらんだ株価指数先物買い主導で現物株相場も上げ幅を広げた。
    http://www.nikkei.com/markets/kabu/summary.aspx?g=DGXNASFL100LZ_10052013000000

    http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1368152805/

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    【シドニー=平林純子】週明け29日のシドニー外国為替市場の円相場は、1ドル=97円80~90銭と、前週末同時点(99円30~40銭)と比べ約1円50銭の円高・ドル安で始まった。
    米景気回復期待が後退し米量的緩和が長く続くとの思惑が円買い・ドル売りを誘っている。ユーロ円相場は、1ユーロ=127円60銭台前半で推移している。

    オーストラリア(豪)ドルとニュージーランド(NZ)ドルは売りが優勢となっている。投資家のリスク回避姿勢の強まりや商品価格安などが両通貨の重荷となっている。

    豪ドルは、1豪ドル=1.0280~1.0290ドルと、前週末同時点(1.0290~1.0300ドル)からややドル高・豪ドル安で始まった。豪ドルは対円でも、1豪ドル=100円50~60銭と、
    前週末同時点(102円25~35銭)から下落している。

    NZドルは1NZドル=0.8480~0.8490ドルと対ドルで前週末同時点(0.8495~0.8505ドル)から下落。対円でも、1NZドル=83円00~10銭と前週末同時点(84円40~50銭)から下落している。

    ソース 日本経済新聞
    http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK29002_Z20C13A4000000/

    http://anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1367190872/

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    急激な円安が進んできた外国為替市場の円相場は、1ドル=100円を前に、投資家の思惑が絡む取引の攻防が続いている。
    日銀の大規模な金融緩和策を材料にした円売りの動きと、100円乗せを阻止しようとする円買いの動きが交錯しているためだ。
    「100円台到達は時間の問題」とみる市場関係者は多いが、一段の円売り材料が乏しいこともあり、当面は100円前後でもみあう展開になりそうだ。

    円相場は、4日に日銀が新たな金融緩和策を発表したことを受け、急激な円安が進んだ。
    発表前日の3日は1ドル=93円台だったが、11日には一時、約4年ぶりの円安水準となる99円84銭(東京市場)をつけた。

    その後は97〜98円台で推移したが、主要20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議で、
    日銀の金融緩和策に批判が出なかったことから、再び円売りが加速。22日には一時、99円89銭をつけたが、
    再び「100円の壁」にはね返された。25日午後5時時点は前日比29銭円高・ドル安の1ドル=99円21〜22銭。

    100円に達しない理由として市場関係者が指摘するのが「通貨オプション」と呼ばれる金融派生商品(デリバティブ)の存在。
    決められた日に一定のレートで売買できる権利(オプション)を取引するもので、例えば、1ドル=90円でドルを買う権利を持っていると、
    実際のレートが95円の時でも5円安くドルを買える。安定的にドルを決済したい輸入企業や、ヘッジファンドなどが多用している。

    ただ、一定のレートに達すると権利がなくなる契約が多い。1ドル=100円に設定されているケースが多いとされ
    「権利を失いたくない投機筋が、100円にならないよう、円の『防戦買い』を仕掛けている」(みずほ証券の鈴木健吾氏)という。

    もっとも、権利行使の期限は25〜26日前後に設定されているとの観測も強く、
    三菱UFJ信託銀行の塚田常雅氏は「オプションの期日を過ぎると、1ドル=100円台は時間の問題」と指摘する。

    長期的には円安基調が続くとみられているが、いったん100円をつけたあとは、この水準でもみあうとの予想が多い。
    中国など海外経済の景気は力強さを欠いており、他国通貨を買って円を売る材料に乏しいためだ。
    http://mainichi.jp/select/news/20130426mog00m020004000c.html

    http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1366934490/

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    年間およそ9万人が訪れる、新横浜ラーメン博物館。
    大勢の人でにぎわう中、ラーメンを食べていたのは、外国人観光客だった。
    外国人観光客は「(ラーメンはどう?)おいしいわよ。とてもおいしいし、タイよりおいしい」、
    「ことしは円安だから、来るのが気楽だったよ。普通は、年に1回なんだけどね」などと話した。
    店内を見回してみると、そのほとんどが、タイからの観光客だった。

    アベノミクスによる円安が追い風となり、今、日本を訪れる外国人観光客が増えているという。
    新横浜ラーメン博物館でも、2012年と比べて、3月の外国人来場者数が8,522人と、2倍以上に
    増加している。
    人気のメニューは、「TONKOTSU(トンコツ)」だという。
    日本の代表的な食べ物として、外国人旅行者向けの観光雑誌などでも紹介されているラーメン。
    アメリカやタイなどでは、すでに大ブームとなっており、今、世界中からラーメンを目当てに、
    観光客が日本にやって来ている。
    慣れない英語に悪戦苦闘しながら対応していた店では、4カ国語を併記したメニューを
    作成していた。
    「頑者」の店員は「1週間前に作りましたんで。このメニューのおかげで、外国人が
    結構入っていますね」と話した。
    また別の店舗では、ホールスタッフ用に英単語帳を購入していた。
    「麺の坊 砦」の店員は「海外さん、多くなりましたね、入客数も。ホールのみんなで
    休憩の合間で、この本を読んでます。少しでも英語を、コミュニケーション取れるように、
    練習しております」と話した。

    2月の訪日外国人の数は73万人と、前年同月比で33%増加している。
    特にアジア諸国からの観光客が増えていて、台湾やタイは、過去最高を記録している。
    その影響は、別のところにも出ている。
    関東を中心に、月6万部を発行している在日外国人向けフリーペーパー「メトロポリス」。
    最近、紙面の内容にある変化があった。
    メトロポリス マーケティング営業部の深山 みゆきさんは「今まで在日の外国人向けの編集が
    多かったんですけど、(今は)観光向けの企画をちょっと考えております」と話した。
    この日も、新しい企画について、打ち合わせが行われていたメトロポリスのオフィス。
    インターネットと連動させ、2013年8月には、海外から来る観光客向けに、旅行ガイド特集
    なども予定しているという。

    打ち合わせ終了後、スタッフは外国人に人気のスポット開拓へ出かけた。
    向かった先は、東京・浅草にある包丁専門店「つば屋包丁店」だった。
    店頭には、常時1,000本近くの包丁が並ぶが、この店が外国人観光客に人気なのだという。
    つば屋包丁店の斎藤 力さんは「円安なんで、かなり海外のお客さんが戻ってきているんで、
    今結構チャンスかなと思いますよね。今もう、日にもう、外国人さんを見ない日はないぐらい
    なんで」と話した。
    実は、日本の包丁は、切れ味の良さで、世界から注目を集めている。
    つば屋では、外国人に対応するため、5年前に店舗「WORLD」を併設した。
    対応は、もちろん英語だという。
    客が「これは、どこのブランドですか?」と尋ねると、斎藤さんは「わたしたちのブランドです」
    と応じていた。
    震災後、減っていたという観光客は、2013年に入って復活し、現在、「WORLD」の
    売り上げは、8割が外国人観光客によるものだという。

    メトロポリス マーケティング営業部の深山 みゆきさんは「(2013年は)観光協会の
    プロモーションに力を入れていきたいなというふうに考えています」と話した。
    円安の風がもたらしたビジネスチャンスだが、今後の風向きに注意が必要となる。

    ソース・ニュース動画は
    http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00244633.html

    http://anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1366696311/

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    先月、日本を訪れた外国人旅行者の数は、円安が進んでアジアからの観光客が増えたことなどから、
    前の年の同じ月と比べておよそ26%増加し、3月としてはこれまでで最も多くなりました。

    外国人旅行者を呼び込むために国が設けている独立行政法人の「日本政府観光局」によりますと、
    先月、日本を訪れた観光客やビジネスマンなどの外国人旅行者の数は、推計で85万7000人で、前の年の同じ月と比べ26.3%増えました。

    3月としては初めて80万人台となり、これまでで最も多くなりました。

    これは、円安が進んで、桜のシーズンを迎えた日本を訪れるアジアからの観光客が増えたことなどによるもので、
    韓国は37.4%、台湾は60%それぞれ増加したほか、インドネシアからは74.8%増加しました。

    一方、中国からの旅行者は、前の年の同じ月と比べ21.5%減少し、日中関係の悪化の影響が続いています。

    日本政府観光局では、「東日本大震災で落ち込んだ外国人旅行者は順調に回復しており、
    今後、夏休みシーズンに向け各国で日本への旅行を呼びかける活動を強化したい」と話しています。
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130424/k10014155841000.html

    http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1366790523/

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    韓国で、アベノミクスの金融緩和政策で進む円安が「空襲到来」と恐れられている。韓国の2月の貿易統計は、スマートフォン(高機能携帯電話)関連は好調だったが、
    自動車や鉄鋼などは不調。政府が大規模な追加補正予算を組むなど、円安・ウォン高に韓国は戦々恐々としている。
    長年、日本が苦しんだ為替の問題だが、韓国の番が巡っている。

    韓国の知識経済省が発表した2月の貿易統計は、貿易収支(輸出から輸入を引いた額)は20億6100万ドルの黒字で、13カ月連続で黒字を続けた。
    しかし、その内情は苦しい。輸出は前年同月比で8・6%、輸出は10・7%、それぞれ落ち込んだ。輸出より輸入の減少幅が大きかったことによる不況型黒字だ。

    項目別でも、船舶の輸出が40・3%減少し、自動車で15・1%、一般機械が15・1%など主力輸出品が二桁の減少率で、
    増は無線通信機器(10・2%)、石油化学(7・8%)が目立った程度だ。

    韓国メディア「中央日報」は、この現象を「円安の強風にふらついる」と評し、「為替相場の変動は、時差を置いて影響が出ることを考えると、
    円安は韓国の輸出だけでなく、今年の経済成長率の足を引っ張る」と危険視している。

    円=ウォンのレートは、昨年9月時点では、100円=1400ウォン台だったが、今年3月中旬に1200ウォンを切る水準までウォン高・円安が進んでいる。
    これを受けたメディアの反応はなかなか過激だ。黒田東彦日銀総裁を「安倍政権の為替のタカ派」と呼び、
    20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議は「為替戦争の暗雲がたちこめている」とたきつけた。

    その一方、韓国政府は総額17兆3000億ウォン(約1兆5000億円)の追加補正予算案を発表。
    円安ショックを受ける現代自動車、サムスン電子など輸出依存型の韓国企業が、海外での製品価格上昇で業績の伸びが妨げられる中、
    雇用創出、景気刺激を図るとともに円安への企業の対応を支援するとしている。

    火が付いたような反応は、韓国の経済構造が輸出に大きく依存しているためだ。
    輸出入合計が国民総所得に占める比率(貿易依存度)は昨年112%に達し、韓国経済は為替の動向に大きくゆさぶられている。
    http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20130422/frn1304220955003-n1.htm

    http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1366596744/

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    独フォルクスワーゲン(VW)日本法人のフォルクスワーゲングループジャパン(VGJ、愛知県豊橋市)は12日、
    小型車「ポロ」や「up!(アップ)」など主力14車種の販売価格を平均で1.5%値上げすると発表した。
    原材料費の高騰と輸送コストの上昇が原因としているが、今年に入り急激に進んだ円高修正も影響したとみられる。

     値上げは5月1日から実施する。VGJが主力車種の値上げに踏み切るのは2009年以来4年ぶり。
    値上げ対象車には多目的スポーツ車(SUV)「トゥアレグ」やセダン「パサート」なども含まれVGJで販売する車種の6割程度を占める。
    従来価格からの値上げ額は1万~13万円。

     VGJでは「為替変動と値上げは直接は関係しない」と説明しているが、
    円安・ユーロ高の進展でグループの日本事業の収益性低下が懸念されることも影響したとみられる。
    メルセデス・ベンツ日本(東京・港)や独BMW日本法人(東京・千代田)など、他の輸入車大手は今のところ値上げの予定はないという。

    http://www.nikkei.com/article/DGXNASDD120DK_S3A410C1TJ2000/

    VW
    http://www.volkswagen.co.jp/index.html
    フォルクスワーゲン メーカー希望小売価格を一部改定
    http://www.volkswagen.co.jp/information/news/pdf/000979_web.pdf

    関連スレ
    【自動車】地方で売れるフォルクスワーゲン(VW)の「up!」 軽自動車からの乗り換えも★2[13/03/12]
    http://anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1363785954/

    http://anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1365779585/

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     11日午前の東京外国為替市場の円相場は、前日の海外市場で下落した流れを受け、一時、1ドル=99円74銭まで値を下げ
    た。日銀の大胆な金融緩和策の効果も持続し、約4年ぶりの100円の大台に接近した。正午現在は99円40~41銭と、前日比06
    銭の円安・ドル高。円相場の下落を受け東京株式市場では、米国など海外株高への好感も重なって、日経平均株価が続伸した。

     日経平均の午前の終値は、前日比110円28銭高の1万3398円41銭。東証1部全銘柄の値動きを示す東証株価指数(TOPIX)は
    13.14ポイント高の1134.18。出来高は29億2502万株、売買代金は2兆120億円。

     外為市場では、前日に米連邦公開市場委員会(FOMC)が発表した議事要旨で、量的緩和策の縮小論が改めて浮上したこと
    が伝わると、日米金利差が広がるとの予想から、円安を後押しした。

     市場では、「100円台を狙える水準に来た」(大手銀行)との見方が強い。ただ、100円付近ではいったん利益を確定させ
    るための買い戻しの動きも出ており、「足踏み状態になっている」(外資系証券)という。 

    【【東京市場】「100円台を狙える水準に来た」株、一時1万3500円に迫るも足踏み状態】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     シャープ営業黒字200億円か サムスン向け販売が増加、円安も追い風
    シャープ、サムスンの助けで好調

    ・シャープの平成24年10月~25年3月期の連結営業利益が200億円前後の黒字となる見通しに
     なったことが11日分かった。従来の黒字138億円の予想を大幅に上回る。液晶パネルの販売が伸びたほか、
     円安が収支改善の追い風になった。主力取引銀行による融資継続の条件だった25年3月期下期の
     営業黒字化は達成されそうだ。

     四半期ベースでは、24年7~9月期まで4四半期連続の赤字だったが、24年10~12月期は26億円の
     黒字に転換していた。25年1~3月期も黒字を確保し、2四半期連続の営業黒字となる。ただ、25年3月期
     通期の営業損益は大幅な赤字となる見込み。

     下期は、資本提携した韓国サムスン電子向けに液晶パネルの販売が増加。米アップルがスマートフォン
     (高機能携帯電話)を減産したことによる中小型液晶の受注減をカバーしたとみられる。希望退職や
     賃金カットなどにより固定費が大幅に削減されたことも寄与した。

     シャープは24年9月、主力2銀行から25年3月期下期の営業黒字を条件に計3600億円の協調融資を
     受けた。今秋には2千億円の転換社債が償還を迎える。

     http://sankei.jp.msn.com/west/west_economy/news/130411/wec13041111090001-n1.htm

    http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1365650863/

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    2013年に入り、日本円の下げ幅は13%に近づいた。輸出分野で日本と競合する韓国が大きな影響を受けている。
    市場関係者の間では円安が続くとの予測が多く出ていることで、韓国は円安の影響を不安視している。中国経済網が伝えた。

    韓国の公式統計によると、2013年2月と3月、韓国の対日輸出はマイナス成長が続き、
    前年同月比のマイナス幅はそれぞれ17.4%、18%で、特に3月の鉄鋼の対日輸出は25.2%減、
    半導体の対日輸出は16.5%減と大きく落ち込んだ。

    円安が韓国製品の価格競争力をそぎ落としていることで、韓国の対米、対欧州連合(EU)の輸出は3月にそれぞれ15.4%、8.3%減少した。

    工業製品のほか、韓国の農産物輸出も円安の打撃を受けている。韓国農林省が4月9日公表したデータによると、
    韓国の3月の農産物の対日輸出は前年同月から11.2%減少し、輸出額は1億米ドル(約100億円)にとどまった。

    日本は以前から韓国の最大の農産物輸出市場で、対日輸出の減少は韓国農産物にとって大きな打撃となり、
    韓国の3月の農産物輸出総量は前年同月から3.9%減少した。

    市場関係者は円安が進むと予想しており、韓国では円安の長期的な影響への懸念が強まってきた。
    韓国と日本の競争が激しい鉄鋼や石油化学、プラント、IT、自動車などの産業で輸出が大きな影響を受けている。

    円が1ドル=110円まで下落すれば、韓国の輸出情勢は一段と厳しくなり、輸出が全体で11.4%減少し、
    中でも、鉄鋼や石油化学、プラント、ITの輸出は2桁減となると予測されている。韓国政府と業界は神経を尖らせざるを得ない。

    2013年に入り、韓国経済の先行きは不透明になった。内需が伸び悩み、小売業の成績も芳しくなく、
    自動車などの販売はマイナス成長だ。正確な統計はまだ出ていないが、国の経済担当部門は
    「第1四半期の経済成長率が1%を超えることはない」との見方を示した。

    こうした低成長の中、円安が韓国経済に追い討ちをかけることとなる。
    http://www.xinhua.jp/socioeconomy/economy/340886/

    http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1365636315/

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    11日のシドニー外国為替市場の円相場は、1ドル=99円80~90銭と、
    前日同時点(99円10~20銭)と比べ約70銭の円安・ドル高で始まった。

    米金融緩和策の解除時期が早まるとの見方が浮上し、前週新たな金融緩和に着手したばかりの
    日銀との緩和姿勢の差が意識され、対ドルで円売りが優勢となっている。

    節目の1ドル=100円に迫っているが、利益確定を目的とした円の買い戻しなどが見られ、円の下値は堅い。
    ユーロ円相場は、1ユーロ=130円40~50銭で推移している。
    http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK11006_R10C13A4000000/

    http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1365636644/

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    日銀の大規模金融緩和を受けた円安が止まらない。これにより、民主党政権下での超円高で業績が低迷してきた日本の電機メーカーも復調。
    対ドルで1ドル=100円台、対ユーロで1ドル=130円台突破も時間の問題となったことで、ソニー、パナソニック、シャープの3社合計では
    営業利益を年間約1970億円も上乗せすることになる。

    9日午前の円相場は一時、3年11カ月ぶりに1ドル=99円台後半に。午前10時現在は前日比39銭円安ドル高の1ドル=99円22~23銭。
    ユーロは1円15銭円安ユーロ高の1ユーロ=129円57~60銭。

    円安は業績が深刻な日本の家電メーカーにとって恵みの雨となる。

    ソニーは円高対策として、対ドルの変動の影響をほぼゼロにしたが、対ユーロでは1円の円安による影響(為替感応度)をみると、
    営業利益が60億円上乗せされる。同社は対ユーロの想定レートを15円引き上げて115円にしたが、それでも現状と比べてかなりの円高水準だ。

    1ユーロ=130円で計算すると営業利益を年間900億円上乗せすることになる。
    同社の前期(2013年3月期)の営業利益見通し1300億円、最終利益見通し200億円と比較しても円安効果の大きさがわかる。

    パナソニックの対ドル想定レートは85円で、営業利益の為替感応度は23億円、対ユーロの想定レートは105円で、感応度は17億円。
    1ドル=100円、1ユーロ=130円で計算すると、営業利益を770億円押し上げる。

    シャープも同様の計算で300億円近い営業増益要因となる。
    また、ライバルの韓国メーカーがウォン高に見舞われていることもあって、日本メーカーも価格競争力を取り戻しつつある。

    ソニーの株価は衆院解散前日の昨年11月15日につけた772円を底に急回復、8日も大幅高で終値は1670円だった。
    パナソニックとシャープも底値圏から2倍前後上昇している。

    円安は企業の業績を改善させるだけでなく、「製造拠点を中国など海外から日本国内に回帰させ、雇用確保につながることが期待される」(電機担当アナリスト)。
    http://www.zakzak.co.jp/economy/ecn-news/news/20130409/ecn1304091551011-n1.htm

    http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1365494408/

    このページのトップヘ