先読みニュース

最新ニュース(ジャンルなし)に独自の予想を書き込んでいきたいと思います。

    出産

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    ・「報道ステーション」では、フィギュアスケート・安藤美姫に行った独占インタビューの模様を
     放送した。

     「一人の女性として生きたいというわがままな決断により、4月に赤ちゃんを無事出産しまして
     母になりました」という安藤は、3350グラムの女の子を出産していたことを明かした。
     安藤は信頼を寄せたニコライ・モロゾフコーチと袂を分かったものの、新コーチが見つからなかった
     ことから復帰の道筋に狂いが生じたという。
     「引退するまで彼と一緒にやらせて貰うという、100%の気持ちでいたんですけど、断られて
     しまったので、どうにもできなかった」と語る安藤は、宮嶋泰子アナの「恋人同士かなと思ってた」
     という言葉に、「いい関係でした。リンクに最後にいると力強くいれる。練習でダメでも、本番で
     できる気持ちにさせてくれる存在だった」と答えた。

     また、「ニコライとは最後の最後まで、この先生に見守られてリンクを去りたいって思ってたので
     コーチできないと言われた時には理解できなかった」と振り返った安藤は、「なぜ?」と訊かれれば
     「ただ、(モロゾフは)できない、みたいな感じ」と言い放つ。
     その後、プロスケーター・南里康晴との熱愛が報じられた安藤。番組が子どもの父親に触れる
     ことはなかったが、安藤は出産に至るまでの想いについて、「ロシアから振付師の方を紹介して
     下さって、ショートプログラムを作ろうってことになって、(コーチ不在で)葛藤はあったんですけど
     (ソチ五輪を目指すなら)早めに準備をしておくべきって考えて下さって。それと同時期くらいに、
     うふふふふ、緊張するんですけど。えー、なんて言えばいいの。(周囲に)助けて。赤ちゃんが
     お腹にいる。最後まで迷ったというか。自分は嫌だったんで、さよならしてしまうという答え。
     やっぱり、スケーターとしての自分を考えて、最初は皆さん反対されて、自分なりには一生懸命、
     一番は母ですけど、話をして。スケートよりも、その子の命を自分は選んだ」と、笑顔を
     浮かべたかと思えば、涙を流して、その胸中を語った。(一部略)
     http://snn.getnews.jp/archives/112659

    ・お子さんの名前は「ひまわり」ちゃんということです。(抜粋)
     http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye5372661.html

    http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1372726658/

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    政府は28日、若い女性向けに妊娠・出産の知識を広めるため導入を検討していた「女性手帳」(仮称)の配布を見送る方針を固めた。
    女性を中心に「国が個人の人生の選択に口を挟むべきではない」などとの批判が起こったことを考慮した。
    森雅子少子化担当相は同日の会見で「妊娠・出産に関する情報提供は重要だが、手段や内容などの詳細は決定していない」と説明した。

     手帳は、少子化対策を議論している政府の作業部会「少子化危機突破タスクフォース」で、晩婚化や晩産化が進む中、
    早い時期に妊娠・出産について正しい知識と関心を持ってもらうのが対策に有効として、来年度からの配布を目指していた。

     これに対し「女性だけに配布するのはおかしい」などと批判や反発の声が相次いで寄せられ、国会審議の中でも、
    野党側から批判が出された。このため作業部会は「手帳の形にするのは困難」と判断。
    28日夕方に取りまとめる予定の報告書では、妊娠・出産について情報提供にとどめる方向だ。

     女性手帳について反対する声明を出していた女性市民グループ「全日本おばちゃん党」代表代行の
    谷口真由美大阪国際大准教授は「提案した委員は、女性手帳がなぜこれほど批判されたのか背景を理解する必要がある。
    再び的外れの施策が出されないか、今後も監視していきたい」と語った。

    医師で昭和女子大客員教授の海原純子さんは「若いうちに産んだ方がいいことぐらい女性は既に知っており、
    手帳配布の見送りは当然だ。ただ排卵周期や性感染症の予防法など、より細かい知識については理解が十分進んでいないのも事実。
    性別を問わず、健康について学ぶ機会を増やしつつ『男は稼ぎ、女が家事・育児をする』といった古い感覚から脱皮することが大切だ」と話す。
    【大迫麻記子、反橋希美、太田圭介】

    毎日新聞 5月28日(火)11時29分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130528-00000025-mai-soci
    2013/05/28(火) 04:47:33.16
    http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1369684053/

    http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1369715747/

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    若い女性に妊娠・出産の知識を広めようと内閣府が導入を検討している「女性手帳」(仮称)について、肝心の女性からの批判が止まらない。
    妊娠適齢期などを正確に知ってもらい少子化対策につなげる狙いだが、国が個人の人生の選択に口を挟んだと受け取られ、
    「押し付けは良くない」などの声が出ている。

     「国が『20代で結婚して子どもを産め』と強制しているみたい」。さいたま市の女性会社員(43)はこう憤る。

     病弱な母親と2人暮らしを続けてきた。結婚を考えたこともあったが、30代半ばに「独身・子どもなし」を決断した。
    「この人生は自分で選んだ。どんな形であれ、国が人の生き方に口出しするなんて許せない」

     都内に住む派遣社員の女性(34)は、交際相手(30)に正社員の仕事が見つからないと話す。「2人合わせても年収は約400万円。
    結婚や出産が安心してできるような環境を手帳よりも先に整えてほしい」と訴える。

     一方、約10年不妊治療を続けてきた北海道の女性(41)は「もし手帳があったら、20代から不妊治療ができたかもしれない」と知識の普及には理解を示す。
    ただ「政府に産まない人生を否定されたくはない」と、思いは複雑だ。
    文部科学省によると、2014年度から高校2年生用「保健体育」の教科書の多くで、不妊や高齢出産に関する記述が増える。
    女性手帳の記述とかなり重なる可能性があるため“二重配布”となる人も出てきそうだ。

     想定外の反応に、森雅子少子化担当相は10日の記者会見で「人生の選択を国が押し付けるということではない。
    男性に配らないとは決まっていない」と語気を強めた。女性手帳という名称が独り歩きしていて「残念だ」としながらも
    「日本は高齢での妊娠、出産のリスクに対する知識が先進国でも低い」と啓発の必要性を強調する。

     少子化ジャーナリストの白河桃子しらかわ・とうこさんは「日本では多くの大学生が『不妊治療をすれば40代でも
    簡単に出産できる』という誤った認識を持っている。男女ともに正確な知識を丁寧に伝えるべきだ」と指摘。

     妊産婦支援をする公益財団法人ジョイセフ(東京)の石井澄江いしい・すみえ代表理事は「妊娠・出産の決定権は個人にある。
    上から目線で女性手帳を配るより、性教育の充実や産める環境を整備すべきだ」と政府の対応を批判している。

     内閣府は5月末にも具体的な少子化対策として、手帳の導入方針を正式に打ち出したい考えだ。

    ソース 中國新聞
    http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp201305160155.html
    過去スレ ★1 2013/05/17(金) 17:11:02.59
    http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1368883729/

    http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1368925676/

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    o065009681027849_650


    中川翔子とお笑いトリオの我が家の坪倉由幸、杉山裕之、谷田部俊が12日、花王リセッシュ除菌EXのCM発表会に出席した。
    10日にブログにて結婚することを発表した我が家の谷田部は、発表後初めて報道陣の前に姿を見せ、
    交際記念日でもある7月7日に入籍予定であることを明かした。

    イベントにはCMに出演する中川が「除菌アドバイザー」として白衣姿で、我が家の3人は「ニオイゾンビ」に扮して登場。
    6年間の交際を経て結婚することになった谷田部は、中川やメンバーから祝福を受け、幸せオーラ全開。
    結婚相手は読売ジャイアンツ・高橋由伸選手似の、目鼻立ちがくっきりとした美人と説明すると、数回彼女に会ったという坪倉も、
    谷田部の婚約者を美人で話も面白いことを認めながら、実は途中で一度、谷田部が彼女を東大生にとられていたことを暴露した。

    これに対し、谷田部は動揺して東大生にとられた時には約8キロほど痩せたことを明かしたが、
    「東大生より僕のほうがおもしろいから戻ってきた」と説明。「もう今後悪い虫が寄ってきたら、これで“除菌”します!」と
    商品のPRを交えて結婚への意気込みを見せた。

    また、谷田部は交際記念日の7月7日に入籍を予定していると語り、どんな家庭を築きたいかという質問に
    「早めに子供を授かりたいですね。大家族を目指しています。仕事がなくなってきたら、
    ビッグダディみたいになって稼いだりして…」と笑いを誘った。

    そんな谷田部に、中川は「おめでとうございます!」と祝福し「私もラブラブギザギザしたい!」としょこたん語で羨ましさ表現。
    「結婚というより、早く出産して、オタクジュニアを育てたい!」と、妄想を膨らませた。

    消臭剤新CM発表会に出席したしょこたん
    http://stat.news.ameba.jp/news_images/20130513/14/29/47/j/o065009681027849_650.jpg

    以下ソース:クランクイン!
    http://news.ameba.jp/20130513-325/

    http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1368422982/

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    mar13042005020000-p1


    今年のバレンタインデーにファッション関係会社に勤務する1歳上の男性と結婚した
    人気モデルの鈴木えみ(27)が第1子を妊娠していることが19日、分かった。

    現在4カ月で、10月ごろ出産予定。鈴木は所属事務所を通じ、「昨年婚約してから、
    子供に関しては自然に任せていつか授かれたら、と思っていた」とコメントで告白。
    「トントン拍子で私たちも驚いてますが、幸せが重なり、心からうれしいです」と
    母親になる喜びをつづった。今後は、体調と相談しながら産休に入るといい、
    出産後も仕事は続ける予定。

    鈴木は昨秋、共通の友人の誕生日パーティーで現在の夫と知り合い、
    ファッションの話題などで意気投合。同12月ごろに結婚を前提にした
    交際が始まり、そのまま一気にゴールインした。

    ソース:SANSPO.COM(サンスポ・コム)
    http://www.sanspo.com/geino/news/20130420/mar13042005020000-n1.html
    画像:http://www.sanspo.com/geino/images/20130420/mar13042005020000-p1.jpg

    http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1366402835/

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    歌舞伎俳優・市川海老蔵の妻でフリーキャスターの麻央夫人が22日、第2子となる長男を出産した。
    待望の成田屋の跡取り誕生となった。2982グラム。所属事務所が23日、ファクスで発表した。

    海老蔵は市川團十郎事務所を通じて、「元気な長男が誕生致しました。新しい家族を迎え喜びと責任の重さを感じております。
    誕生を楽しみにしていた亡き父の分まで愛情をそそいで育てていきたいと思っております」とコメントを発表した。

    肺炎のため2月3日に亡くなった海老蔵の父・市川團十郎さんは、跡取りとなる孫の誕生を楽しみにしていた。
    海老蔵は2月27日の本葬で、生まれてくる男児の名前を生前に決めていたこと、團十郎さんも知っていたことを明かし、
    「父は孫と共演の夢が強かった」と涙をこらえ、話していた。

    麻央夫人は2011年7月25日に第1子となる長女を出産している。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130323-00000030-dal-ent

    http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1364019260/

    このページのトップヘ